静岡・富士市の佐野源スズキ販売 - スズキ自動車販売 新車 中古車
ご予約(車検・修理点検)

スタッフブログ

トップページ > ブログ > お店情報 > 整備情報 > 水抜き剤って必要なのか?

水抜き剤って必要なのか?

先日ガソリンスタンドに行ったとき『ガソリン水抜き剤』を勧められました。
皆さんも一度くらいは勧められた経験があるのではないでしょうか?
お客さんからも良くお問い合わせをいただくので個人的な見解をお話ししたいと思います(^○^)

 

『ガソリンタンクに水が溜まっており内部から錆びますよ』(ガソリンスタンドの人)

最近のクルマは樹脂製のタンクやもありますし錆びないように当然施してもあります。
錆びて穴があくということはまずありません。
整備士をしていて内部から錆びて穴が空いてしまったと聞いたことがありません。
更に水が入っていても空気に触れないと錆びないかと思います。


↑スイフトの樹脂製ガソリンタンク 強度も強いですし凹んだりもしません。

 

『エンジンに水を吸い込んで調子が悪くなります。最悪の場合エンジンが壊れます。』

水抜き剤がエンジンに水をアルコールでガソリンにつなげエンジンに送っているタンク内の水を減らしています。
結露などで大量に水が溜まっているのも考えにくいですし壊れるは大げさなような気がします。結露が理由であれば満タンに入れておけば結露を減らせと思います。

必要か必要じゃないかというと・・・必要なものではありません!
お金がもったいないですしね。

水抜き剤が目的としているような不具合を防ぐためであればメーカーが
推奨しなければならないですし(^_^;)

 

水抜き剤とは・・・
燃料タンク内の錆び付き防止を主目的に、結露などによって発生した燃料タンク内の水分を去する燃料添加剤。普通、水と油は文字通り混じり合わないものだが、水抜き剤の主成分であるアルコールを介すると混ざり合う性質があり、この混ざり合った燃料をエンジンで燃焼することでタンクの水分を除去する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ戻る