静岡・富士市の佐野源スズキ販売 - スズキ自動車販売 新車 中古車
ご予約(車検・修理点検)

スタッフブログ

トップページ > ブログ > インフォメーション > ソリオに新グレードにフルハイブリット仕様を発売

ソリオに新グレードにフルハイブリット仕様を発売

ソリオとソリオバンテッドにフルハイブリット車登場!

燃費はJC08モード計測で32.0km/リッター

全長×全幅×全高=3710×1625×1745mmという小柄なボディーサイズが特徴で丁度いいサイズと人気のコンパクトハイトワゴン

新グレードは、モーターのみでのEV走行も可能なフルハイブリッドシステムを搭載されました。

ソリオシリーズには、これまでにもモーターをエンジンのアシストをするマイルドハイブリッドシステム搭載車のみでしたが待望のフルハイブリッド車が登場です。

マイルドハイブリッド車(27.8km/リッター)を約15%上回る32.0km/リッターに!

変更点

・モーターパワーメーター付きフルハイブリット用専用メーター
・インパネアッパーガーニッシュブルーメタリック加飾
・車両接近通報装置(義務付けにより)
ハイブリッド車はEV走行中は静かに走りますので歩行者に対してクルマの接近等を知らせるために、発進から車速約25km/hの速度域と後退時に自動で発音する装置

外装は、
・フルハイブリット用エンブレム
・フロントグリルがブルーメッキ加飾
・リヤコンビネーションランプもブルー加飾

今回は、お客様目線で率直な意見を私独自に辛口評価してみます。
まず走りは、今までよりパワーを感じることのできる走りに確かになっております。
ただCVT→5AGSに変更になっていることで変速時のショックというか、クラッチを切れる違和感がまだ残っている。構造が違うので仕方ないが、制御改良に期待したい。
また短時間の試乗だったのでEV走行を体験できたのが二回程でした。
EV走行モードは、ECOモードに切り替えて使うと低速の発信時と平らな場所で40キロくらいの一定走行でなるようです。

EV走行をしているのかエンジンで走行しているのかは、メーターを見てわかる程で体感的にわかりずらいと思う。
バッテリーが大きくなりトランクルーム下に入っているが収納がほぼ無くなってしまっているので傘など小物か三角停止版くらいしか入らないので少し残念。

ソリオ自体は、とても収納が多く、ドリンクホルダーやテーブルと充実しているし、助手席アンダーシートBOXもあるのでそちらをうまく活用したらいいと思います。

富士市・富士宮市にお住いの皆さん試乗しに来てみてください!(^^)!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ戻る