静岡・富士市の佐野源スズキ販売 - スズキ自動車販売 新車 中古車
ご予約(車検・修理点検)

スタッフブログ

トップページ > ブログ > お店情報 > 車情報

東京モーターショーでも見た方も多いかと思いますが

新色のアクティブイエロー×ブラックルーフが発売が決定いたしました。

 

977703

これです。

 



他にも新色のポジティブグリーンメタリックと新設定シフォンアイボリーメタリックも
仲間入りです。

ターボ車もすべてS-エネチャージ、ハイブリットになります。


☆機能面

・助手席にも冬の強い味方シートヒーターが付きます。

・軽自動車ナンバーワンの安全装置 デュアルカメラブレーキサポートが標準装備


JスタイルⅡでは、、

LEDのフォグランプになり見た目がより都会的なイメージなメッキ加飾や内装もブラックパネルにレザー調のシートになり女性にうれしいナノイー搭載エアコンも!!
お買い得感がさらに向上して登場します。

限定車には、珍しくターボ車の設定もされるようですよ!


詳しく聞きたい方は、佐野源までお問い合わせください!(^^)!

 

 

 th_af28fe0db19e118d7efdfaa5c91ac3bd_1415779431slide-18

 

『ハスラー』が2015年RJCカーオブザイヤー2014-2015年次日本自動車殿堂カーオブザイヤーのダブル受賞

NPO法人日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(以下RJC)の開催する

2015年次 RJC カー オブ ザ イヤーの最終選考において、

「ハスラー」がイヤーカーの座を獲得いたしました。

 

今回の受賞理由は、

・ライトな感覚の軽自動車SUVとしての新しいジャンルを開拓した。
・動力性能ばかりでなくボディカラーなどの色に対する配慮も行き届いている。
・街乗りにも充分な快適性を備えている。
・広い意味でユーザーに夢を与えてくれるクルマである。
・家族でも、一人でもペアでも楽しめる。その懐の深さと新鮮さを高く評価した。

 

また、10月30日に受賞した

「2014-2015年次日本自動車殿堂カーオブザイヤー」と合わせてダブル受賞となります!

 

 

デビューからまもなく1年のハスラーに、大きな勲章!

街中でもよく見かけるようになりましたよね(^O^)

 

2015年のRJCカーオブザイヤーは2013年11月から2014年10月末に発表発売された車種の中からその年次を代表するのにふさわしい車に対して贈られる賞です。

スズキでは過去、初代ワゴンR、先代のスイフト、四代目のワゴンR、現行のスイフトに続き今回が5回目の受賞です。

 

 

●2014年上半期 軽乗用車 純生産メーカー別ランキング
1位 スズキ 334,496台
2位 ダイハツ 333,820台 
3位 ホンダ 210,569台
4位 三菱 133,013台

OEM
ダイハツにスバルとトヨタを合計。
そしてスズキにマツダと日産のモコ、NV100クリッパーリオなどを加算

 

●2014年上半期(1~6月)軽四輪車通称名販売ランキング
1位 ダイハツ タント 135,688 台
2位 日産 デイズ 98,789 台
3位 ホンダ N-BOX 96,478台
4位 スズキ ワゴンR 93,761台
5位 ホンダ N-WGN 87,442台
6位 ダイハツ ムーヴ 82,252 台
7位 ダイハツ ミラ 79,258 台
8位 スズキ スペーシア 66,697 台
9位 スズキ アルト 58,040台
10位 スズキ ハスラー 40,291台

各メーカー・ブランドを牽引するトップセラーモデルのランキングを見ていると、
ダイハツと日産の勢いが感じられますが、いま実質的に軽自動車を生産している自動車メーカーは五十音順で、スズキ、ダイハツ、ホンダ、三菱(eK・デイズは日産との共同開発ですが、生産は三菱)の4社。
それ以外のメーカー・ブランドはOEM的なカタチで販売しています。

大人気の新型ハスラー

増産中で納車期間が大幅に短縮してます!

そんな中、人気のボディーカラーランキングを発表します。

 

 

堂々の第1位は「パッションオレンジホワイト2トーンルーフ」です。

img047

 

人気の理由は、新色でもありメインのイメージカラーでもあると共に内装にもオレンジが使われている所が人気の理由であろうか。サノゲン考察

 

 

第2位は「フェニックスレッドブラック2トーンルーフ」

 

X_A6R

サノゲンの一番人気とオススメはこれです!

オシャレ&かっこいいを両方持っている乗る人でどっちにでもなる

幅広い年代に人気です。サノゲン考察

 

 

第3位は「サマーブルーメタリックホワイト2トーンルーフ」です。

X_A7M

ここ最近CMでも流れています。夏モード全開のブルー。

女性にも人気です。家族で兼用ですとこちらを選ばれる方も多い

ブルーは、カラーセラピーの世界では女性の色なんだとか!

サノゲン試乗車もこの色のXグレードです。

 

 

第4位「クールカーキパールメタリック」

第5位「キャンディピンクメタリックホワイト2トーンルーフ」

第6位「パールホワイト」

第7位「パールホワイトブラック2トーンルーフ」

第8位「スチールシルバーメタリック」

第9位「ブルーイッシュブラックパール3」

第10位「アーバンブラウンパールメタリック」

第11位「スチールシルバーメタリックブラック2トーンルーフ」

 

全11色のボディーカラーランキングでした。皆さん参考にしてみてください。

2014年6月サノゲン調べ

佐野源 創業57年 スズキ副代理店で良かった!
スズキの明るい未来が見えました♪

現在スズキで一番低燃費がアルトエコの35.0㎞.Lですが

それを超える超・低燃費技術を目指す新技術について発表されました!

凄すぎる!

ポイントは3つ

1. ハイブリッド 技術を導入

2.軽量化プラットフォーム 効率化・軽量化

3.エンジンの熱効率化改善。平均熱効率40%達成を目指し

 

 

021_o

スズキ流ハイブリッドは『マイルドハイブリッド』

スズキらしいハイブリット車をお客様へ


「エネチャージ」+「ISG」

ISGを用いたマイルドハイブリッドは、ローコスト。小型車向き。
手にしやすい最小限のコストアップに収めることができるんだとか、
高ければ付けるの悩みますしね。。。

軽自動車にもハイブリットの時代到来かもしれません!?

Isgとは、Integrated Starter Generatorの略
発電機とモーターを一体化したもの。エンジンをモーターでアシストしてくれます。

031_o

スズキの軽自動車用新プラットフォーム

なめらか形状で力を分散&連続断面で軽量かつ頑丈。

突安全性能や剛性要件などを十分に向上させつつ、
車両全体で最大15%の軽量化を実現させるための新技術を採用。

19_px150

エンジン技術、軽および1.4リッター以下の開発に集中・集約。
2020年くらいまでに、圧縮比アップによる平均熱効率40%達成を目指す。

軽用エンジンについては、最新のR06A型エンジンに統合。
アルト エコが達成した35.0km/Lの低燃費技術を基に、継続して改良。

☆サノゲン勝手に大予想☆

R06A型エンジンに統合とのことから

前型エンジンK6Aが使われている

ラパン、ジムニー、エブリイワゴン、エブリイがフルモデルチェンジか!?

又はエンジン載せ替え濃厚。

 

なぜこんなに人気があるのか!?

スズキで一番売れているスペーシア。今ワゴンRよりも売れてるんですよ。

 

07dfc688c835cf5d22fcf7a11a575997

 

当店なりに分析しました。

☆クラストップの低燃費29.0km・L

やはりこれだけガソリン価格があがるときになるのが燃費、ガソリン代ですよね。

エネチャージ、アイドリングストップ、エコクールの先進技術が使われていること。

メーターの色が変わる、エコスコアーで楽しく誰でも低燃費運転ができる車。

 

☆よく走る

新型R06AエンジンとCVTで軽自動車とは思えない快適な走り!

低燃費=走らないではもうないんです!

それは、徹底した軽量化と軽くて丈夫な素材のおかげでよく走る!

 

③女性目線でできている

開発段階から女性の声を反映して作られてるんです。

収納の多さです。シートの下、ドアのポケット、ハンドルの下などいろいろなところに収納。

子育て層には、ありがたい後ろの席の日除け。

あえて固定式のドリンクホルダ、ペンや化粧品がなんでもさせる用。

まだまだありますがこの辺で。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

乗り換えインセンティブ 終了まもなくです。

軽トラック  → 新型キャリイ(新車)

low_CA_0O_00004-2

お乗換えで5万円がメーカーから帰ってきます!

もちろん下取り金額ともべつにですよ!

お得です♪ 動かなくても古くてもどんな状態でもいいです。

low_CA_0O_00020-670x472

3月31日までに新車登録されたものまでが条件になりますので検討されている方はお早めに!

消費税も5%か8%かは登録日が3月31日以前か4月1以降なおかで3%かわります。

登録するためには、まず在庫があること、必要書類がそろっていることです。

デットラインは、普通車 3月23日  軽自動車 3月28日になりますが在庫がないとアウトになってしますのでやっぱり早めにご相談ください。

wannpuraisuwannpuraisu

 

●対象機種:ス

ズキ新型キャリイ(全グレード・新車)

●ご購入期問:2013年8月29日~2014年3月31日(3月31日までの届出が余件となります)

●お申し込み期問:2013年8月29日~2014年4月末

●対象となるお客様:新型キャリイを新車でご購入いただきかつ.軽卜ラツク(全メーカー可)を下取車としてスズキ販売店に入庫していただくお客様で、下取車について以下の条件を渦たす方.

①下取りの名義人がご購入された新型キャリイの名義と同じである場合。

②下取りの名義人がご購入された新型キャリイの名義人と2親等以内のご親族の方で関係を証明できる書類をご用意いただける方

●ご注意:ご購入いただいた新型キャリイの名義人ご本人によるお申し込みが条件となります。振込先の銀行口座名義はお申し込み者の氏名と一致している必要があります
5万円のお振込みは納車及び車両代金全額受領後の手続きとなります。納車及び車両代金全額受領前のお振込みはいたしておりせんので、ご了承ください

照射距離の長いディスチャージヘッドランプでキャリイの使い勝手がさらに向上

新型キャリイに、ディスチャージヘッドランプの設定車を(^O^)

02

 

軽トラックで初採用となるディスチャージヘッドランプは、「KC エアコン・パワステ」「KX」の2グレードに、5万2500円高のメーカーオプション装備として設定ができました。
ハロゲンランプより明るさが強く、照射距離も長いディスチャージヘッドランプの装着により、夜間走行時の安全性や使い勝手の向上がしました。

 

従来のハロゲンヘッドランプと比べ、約2倍の明るさと、より遠くまでの照射距離を実現。

また、Hi/Low切り替え式で、オートレベリング機構も採用しています。

 

新型キャリイ ディスチャージヘッドランプ装着車について

東京をはじめ、関東地方は2週連続で大雪に見舞われました。

富士・富士宮でも雪がふりましたよね。

その大雪の中、ジムニーがとある車をけん引する映像が話題になっています。

軽自動車でも、そのオフロード性能は評判の高いジムニー。

これを機会に、その実力に改めて注目が集まっています!

 

 

ジムニーはもともと、堅牢なボディとタフな4WDシステムが実現した優れたオフロード性能に定評がある。雪をものともせず、小さな車体で力強く車両を引き出す映像は、ジムニーの海外名、『サムライ』にならい、「サムライ・スピリット」

 

注意・ジムニー以外で引っ張ると車体が歪む可能性があるので良い子は、マネしないでね♪

Q1 皆さん突然ですが日本に自動車(乗用車)を作っているメーカーは何社あるかしっていますか?

正解は、8社(スズキ、トヨタ、ホンダ、日産、ダイハツ、マツダ、三菱、スバル、)
                解釈によって左右されますが。。。

 

Q2 軽自動車を生産しているメーカーは、何社あるのでしょう?

 

正解は、4社(スズキ、ダイハツ、ホンダ、三菱)です。

 

あれ!?トヨタや日産、マツダ、スバルの軽自動車売ってますよと聞こえてきそうです(・o・)

確かに売っております!

 

ここで皆さんからよく質問されるOEMについてです。

OEM(オーイーエムoriginal equipment manufacturerの略)とは、 「他社製品の自社ブランドでの販売を行う企業」

作る側では、生産を多くするとで生産コストが削減な出来る。工場の稼働率があげられる。供給先から受け取るロイヤリティによる収入。

ズバリ!大量生産でコストが安くなり良いものが安くなります!

スズキ車でも言うとかなり車の装備や技術など各段に良くなってるにも関わらず価格はそれ程昔と変わってませんからね(^O^)

 

OEMを受ける側では、新車の開発費用を抑えられる。販売車種の拡充。自社の成績になる。

 

自動車メーカーだけではなく家電など様々な業種で行われています。

身近なもので食品のプライベートブランドもOEMの一種と考えていいと思いますよ。

 

 

スズキからのOEM

ワゴンR          —–   フレア、旧AZワゴン(マツダ)

ワゴンRスティングレイ —–   フレア カスタム(マツダ)

スペーシア         —-   フレアワゴン(マツダ)

スペーシアカスタム   —–  フレアワゴンカスタムスタイル(マツダ)

ハスラー         ——  フレアクロスオーバー(マツダ)

MRワゴン        ——- モコ(日産)

MRワゴンWItt     ——– モコドルチェ(日産)

アルト           —— キャロル(日産)

エブリイ          —— スクラムバン(マツダ) NV100クリッパー

エブリイワゴン      ——- スクラムワゴン(マツダ) NV100クリッパーリオ(日産)

キャリイ          —— スクラムトラック(マツダ) NT100クリッパー(日産)

ジムニー         —— AZオフロード(マツダ)

パレット(生産終了)  ——-ルークス(終了)

2014.2現在

 

このように様々OEMされております。時期によって様々変わりますのでご注意を!

普通車でもOEMはありますよ。スズキですとランディは日産からのOEMになっております。

 

興味がある方はしらべてみて下さい(^O^)

 

 

ページの先頭へ戻る